EDの原因と治療方法について
TOP > EDの原因と治療方法について

EDの原因として心因性、器質性、薬剤性の3つのタイプに分けることが可能です。タイプに合わせてEDは効果的に治療できます

EDとは

>EDとは

EDは男性性機能の低下で性交渉という行為を完成することができないとのことです。 妻や彼女や愛人や相手に誘われて、穴に挿入する時、なかなか勃起できなくて、挿入できない状態です。悲しいでしょう?女性の知らない男性の痛感です。

EDの原因

EDの原因

ED(勃起不全)の原因を紐解いていくと、一番多いとされているのが、心臓病、糖尿病、高血圧、異質異常症などの生活習慣病が多いとされております。ED(勃起不全)ですが、勃起とは、血液の流量によって機能する為、血液の流れに不十分な病気などや、生活習慣病が一番の原因となっております。その為、昔から言われているように、タバコや不摂生な食事、塩分の取りすぎなどにより、血管の太さや流れに影響が出てしまう事は生活習慣病にもなるし、それによりED(勃起不全)にもなってしまいます。耳が痛いなって思った方は、血液を健康である為の生活環境を見直しましょう。その為にED治療をしなくて済むようにもなります。ED治療は自分の健康を見直す良いチャンスでもあります。

EDの種類

EDの種類

歳を重ねるとだんだんと勃起力が弱くなりEDの兆候が出てきます。しかし昨今のストレス社会では若者もEDになっている状態があります。EDにはいくつか種類あるので、自分はどの症状なのか理解することがED治療では大事なことなのです。

器質性

一番一般的なEDが器質性のEDです。歳を重ねることで代謝が悪くなり、体の老化から、血管や神経に障害が起こる為に起こるEDです。特に血管障害、動脈硬化によるものです。また、生活習慣によるEDもあります。基本的には不規則な生活、暴飲暴食、タバコの常用により、体が劣化することで起こります。また、糖尿病、高血圧、脂質異常といった生活習慣病からEDになることが確認されています。こういった日常の生活の中にEDの原因が含まれているのです。高齢となると共にだんだんとEDの兆候は出てきますが、普段の生活習慣もとても密接に関係してきます。いつまでも強い勃起力を維持したいのであれば、今の生活習慣を一度見直しましょう!

心因性

最近とても増えてきているのが心因性のEDです。現在では仕事でとてもストレスやプレッシャーにさらされている人多くいます。若い人でEDはだいたいがこの心因性のEDです。また、妊活中の人など排卵日に必ず行為を行い子供を作らなければならないといったプレッシャーを感じている人は、いざという時に起たなくなってしまいます。また、以前に行為の時に女性とトラブルがあり、心に傷を負ってしまった人もその傷がトラウマとなり新しく別の人と行為にいたった時にその時の状況が重い出されてうまく勃起することができません。このようにストレスやプレッシャー、トラウマといった要因でEDとなってしまいます。なるべく木を楽に行為を楽しみたいものですね。

混合性

器質性と心因性のEDを併せ持った混合性のEDも存在します。特に多いのが歳を重ね、中間管理職となっている人や、経営者のようなストレスとプレッシャーが多い立場にいる人です。歳を取ることや、生活習慣病でEDの兆候が出てくるだけでなく仕事上でのストレスとプレッシャーにより肉体的、精神的に追いつめられて心も疲れてしまい、両方の面でEDとなってしまうのです。40代から50代の人なら誰でもなる可能性があります。

薬剤性

常用薬がある人もいると思いますが、この常用薬の副作用でEDとなる人います。これを薬剤性EDといいます。循環器系や、中枢神経系、末梢神経系の薬を常用している人に多くみられます。また、日本ではまだそんなに認知されておらず、薬を処方している医者でさえ認識が無い人がいるほどです。ただ、薬によるEDなのでかかりつけに医者がいる方は医者にも協力してもらい、色々と相談をして解決していくしかないでしょう。

EDの検査方法

EDの検査方法

最近勃起力がなくなってきた、行為の途中で中折れしてしまったといった症状が出てきたらEDの可能性があります。EDかどうか悩んだ場合は恥ずかしがらずに医師に相談しましょう。医療機関により検査を行うことでどういったことが原因でEDになっているのかが分かります。まず、【国際勃起機能スコア】を用いて現在どういった状況にあるのかを確認します。次に血圧検査や体の機能を検査して異常がないかどうかを確認します。そして、実際にEDの原因を確認するために夜間勃起テストを行います。このテストを行うことで心因性なのか、器質性なのかを判別します。睡眠時に勃起が確認された場合は心因性のEDで、勃起を確認できない場合は器質性のEDとなります。また、実際に性的な刺激により確認する方法もあり、この場合は性的刺激に反応があれば心因性のEDとなります。EDの原因は様々あると思います。自分がどういったEDなのかを確認して適切な治療をうけることでEDを克服しましょう!

EDの予防方法

EDの予防方法

シアリスやレビトラ、バイアグラなどのEDによる治療薬は人気が高く若い人からお年寄りの方まで多くの年代層が注文しているお薬です。しかし、薬ばかりに頼ってしまうと薬を飲まないと勃起にならなくなってしまいます。EDのお薬を飲まなくてもいいようにEDの問題に対してどのような対策を取るかを知る必要があるのです。EDは主にストレスやタバコ、老いや生活リズムの不規則などが原因とされています。それを無くす為にも、先ずは規則正しい食事生活を心掛けが必要なのです。魚や野菜は身体の血液の流れを良くする効果があるため、肉や米、麺類などを多く食べている方は食事を変えてみるのも良いと思います。他にも運動や睡眠なども重要となってきており、適度な運動と早寝早起きのリズムを整えることにが大事だといえます。運動はランニング1kmをするだけでも大きく変わりますので、毎日ジョギングする人ほどEDにかかりづらい人だと思われます。睡眠では眠ることでEDの治療を改善する成分が昼間に起こるので2時や3時まで起きている方は早く寝ることがオススメと言えます。

EDの治療方法

EDの治療方法

EDに対して予防するだけではいけないのです。EDの改善にあたり、多くの人はバイアグラやシアリス、レビトラと言ったお薬を使って要望している人や生活リズムを整えて改善している人もいます。それでも、EDが治らないという方も多くおり、どうやって治せばいいか分からない方が多いと思います。その時は、先ず医師に相談することが重要と言えます。運動の仕方や食生活、タバコなどは個人差によって異なりますので、他の人がやっているから自分も同じやり方で治るということではないのです。医師に相談して医師から教わった方法や薬を使って処方してもらうことが大事です。医師に相談したときにはEDの症状が悪化している可能性がございますので、その時は手術したり、駐車によって予防をして貰う必要がございます。それだけでは終わらず、食生活やリハビリ、運動などもしっかり行う必要があります。実際にEDの問題を抱えている人で注射で何時も予防している方もいらっしゃいます。それでも「医師に相談するのは恥ずかしい」や「病院に行くと余計にお金がかかるからヤダ」という方もいらっしゃいます。そのような時は同じようにEDに悩んでいる知人や友達などから話を聞いてその方法をやってみることも大事だと思います。インターネット上でもEDなのか以前においてそれぞれ違ったやり方でEDが治った人が多くいらっしゃると思います。うまくいかない時は全て試してみることがオススメです。医師に相談するのは最終手段のようなものですので、EDについて本やインターネット上で調べて他の方がどのような方法でEDが治ったのか、どのような方法が自分にあっているかを知る必要があります。すべてを試しても駄目だった場合は恥ずかしがらずに医師に相談することです。医師は一人ひとりにあった治療方法を提供しますので、医師に相談するのが恥ずかしいという理由で相談しなかったら症状がもっと悪化する恐れがございます。バイアグラやシアリス、レビトラなどは最悪重病になる恐れもありますので、ほっといて取り返しがつかなくなる前にEDについて調べたり、医師に相談する必要があります。

まとめ

まとめ

「EDになったらバイアグラなどの治療薬を飲めばいい」や「気をつけていればEDにはならない」と思ってしまうと知らず知らずのうちにEDになっていたり、薬が効かない事もあります。EDにもそれぞれ違った症状があるため、よく知る必要があります。一度自分の生活を振り返ってみてEDの原因となることを見つけないといけないのです。当たり前に過ごしている日常を少し変えただけでもEDの改善になりますし、自分自身も健康な体を維持するのにも繋がります。EDの治療は勃起不全による問題を改善するだけでなく、自分自身の健康的な身体やリズムを維持したり作り出すために欠かせないものであります。EDに付いて知っている人も知らない人も再度EDについて学び自分を見つめ直してみるのがいいと思います。